MENU

明石・歴史巡り①【明石天文科学館〜明石海峡大橋】

兵庫県の明石市にやってきました。新幹線の西明石駅からJR在来線に乗り換え、明石市立天文科学館を目指します。

JRの明石駅から山陽電鉄に乗り換えて、そこから一駅の人丸前駅に到着しました。

明石(山陽明石)から人丸前までは、わずか一駅だから本来なら余裕で歩けるんだけど、寝坊して急ぎ足の観光になっちゃいました。本当は明石城とかもまわってみたかったんですけどね。

明石市といえば、東経135度、日本標準時子午線が通る街として有名ですね。

この人丸前駅も、ホームに何と日本標準時子午線が通ってるんです。

お約束でまたいでみたよ。

明石市立天文科学館

さて人丸前駅から4分くらいで、明石市立天文科学館に到着しました。

何というグッドタイミング!正午、南中の時刻にちょうど到着!鐘が鳴ってましたよ。

この高塔は54メートルあります。JSTMとはJapan standard time meridian (日本標準時子午線)の略です。

1884年国際子午線会議が行われ、ロンドンのグリニッジ天文台を「本初子午線」としました。その2年後、「本初子午線」からちょうどプラス9時間の、東経135度を通る地点を「日本標準時子午線」とすることが決定しました。

昔から太陽が真南にある南中時刻が正午とされます。しかし例えば明石が正午の時に、東京は午前11時40分、長崎は12時20分と、ズレがでてしまいます。これを地方時といい、昔はそれでも良かったのですが、明治維新以降、鉄道などの交通機関の発達とともに、国内の時間を統一する必要がでてきました。そこで、共通の時刻を決める標準時子午線をつくることにしたのです。

 

ここにも当然ある日本標準時子午線。

当然またぐ。

明石市立天文科学館の入場料は大人700円です。

日本標準時は1888年1月1日から採用されました。明石市立天文科学館は1962年に、東経135度の真上に建てられました。

13階と14階は展望フロアになってます。明石海峡大橋が一望できる!これは凄い。

 

ここにも標準時子午線あった。

人がいるので、またぎませんw

3階が展示フロアになっています。「子午線の町・明石の歴史」「時のギャラリー」「天文のギャラリー」など、さまざまです。子どもでも楽しめるように、展示にくふうがなされてましたね。天文が好きな子はたまらないと思います。

明石の町に、標準時子午線のピンクの光線が走ってますね。

下の観測機が「子午儀」で、経度や時刻を観測するために使われました。

明石天文台の親時計です。館内のすべての時間をこれで動かしています。

時計の歴史、いま昔。

現在では時刻は「原子時計」を使用して決めています。

天文コーナーも充実していました。

2階はプラネタリウムで、かなり評判いいらしいですね。見てみたかったけど、時間が無くてスルーしました。でも私はプラネタリウム見てると気持ち良くなって、寝落ちしちゃうんだよな。

 

もっとじっくりみたかった天文科学館でしたが、わずか1時間の滞在で離脱します。天文科学館の裏に、柿本神社(人丸神社)がありました。

万葉歌人の柿本人麻呂を祀る神社らしい。なるほど人麻呂がなまって人丸になったんだな。

 

街の至る所で、東経135度。

郵便局も子午線郵便局だって!

 

郵便局の中までは入らなかったんですが、中まで子午線があるみたいです!

(画像はどっかで拾った)

山陽電鉄を利用して、舞子公園駅に移動します。

明石海峡大橋

これから世界最大の吊り橋の「明石海峡大橋」を観光します。

舞子公園内を移動していきます。しかし巨大過ぎる橋です!

下から見上げると凄いわ!

 

すごすぎるよ。明石海峡大橋については、次回記事で潜入レポをしたいと思います。

孫文記念館

舞子公園内に「孫文記念館」がありました。明石海峡大橋の見学前に、ちらっと散策してみようと思います。

正式には「移情閣」というらしい。ちなみに孫文とは、中国の革命指導者で、辛亥革命を起こし、清朝打倒に尽力した人です。かなり世渡りの上手い人物という印象です。しかし軍事力に勝る袁世凱には勝てず、あっさり権力者の座を奪われてしまった。

この記念館もなかなか味のある洋館ですね。

でも別に孫文が住んでた建物というわけでもないようです。孫文が来日した時に、歓迎昼食会を開いた建物らしいですね。

とりあえず外観だけ一回りしてさようなら。

クリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ