MENU

飛鳥巡り① 【飛鳥大仏、富本銭など】

近鉄電車で橿原神宮前駅にやってきました。

駅前のレンタサイクルで飛鳥路巡りをしていきます。

甘樫丘(あまかしのおか)展望台

標高148mの丘陵です。

 

 

着きました。

明日香村や大和三山を見晴らせます。

畝傍山。

耳成山。

天香山(あまのかぐやま)。春過ぎて夏来るらし白妙の衣ほしたり天の香具山

飛鳥水落(みずおち)遺跡

中大兄皇子が造った我が国初の水時計の建物跡です。

 

この水時計で民衆へ時間を知らせました。

 

飛鳥寺

596年、蘇我馬子の発願により日本初の本格的寺院として完成しました。

現在の本堂は江戸時代に再建されたものです。

釈迦如来坐像(飛鳥大仏)

609年に完成した我が国最古の仏像です。重文。

ほとんどの部分が後世の作と言われ、それゆえ国宝に指定されないそうです。

聖徳太子孝養像。聖徳太子16歳、父である用明天皇が重病になった時に快癒を祈る太子の像です。

父上・・あなたが今ここで死ねば

私の手はこれから先、血に染まるのです。

あなたはご自分の息子にそのような事をさせたいとお思いですか

(山岸涼子「日出処の天子」より)

 

阿弥陀如来坐像。

蘇我入鹿首塚

飛鳥寺の裏手に蘇我入鹿の首塚があります。

入鹿は逆賊とされ、大化の改新の政変の際に、中大兄皇子に討たれています。

逆賊とされることは哀れなもの。石碑に名前すら刻まれません。

飛鳥坐(あすかにいます)神社

飛鳥寺のそばに神社もあります。

由緒はよくわかりませんでしたが、お参りしました。

 

大伴夫人之墓

大伴夫人(おおともぶにん)とは、中臣鎌足の母だそうな。

 

大原神社

ここが中臣鎌足(藤原鎌足)の生誕地と言われます。

 

 

神社の裏手に藤原鎌足産湯の井戸があります。

草が繁茂して見えないが、ここが井戸です。

亀形石造物

1999年発見された謎の石造物を見ていきます。

斉明天皇の時代のものではないかと推測されています。

 

 

 

 

政治を占う施設とか、身を浄める場所とかさまざまな説があります。

酒船石

亀形石造物のそばの丘を上がっていきます。

 

 

これが酒船石です。

長さ約5.5m、最広幅約2.3m、厚さ約1mの大きさで、上面に丸いくぼみとそれにつながる溝が刻まれています。

斉明女帝が、豊穣の祈願などさまざまな祭祀をここで行ったとされています。

奈良県立万葉文化館

古代文化を楽しみ、学ぶことのできる文化館です。

 

無料で入館できます。

せんとくん。

里中満智子さんの「持統天皇マンガ」展やってました。

古代の歌遊びの様子。

市の様子。

最初の通貨・富本銭を造るところ。

 

飛鳥池工房遺跡の復元です。

天武・持統天皇期の巨大工房があったと言われます。

ここで我が国最初の鋳造貨幣・富本銭が造られました。

 

 

お土産も富本銭。

富本銭煎餅。

富本銭ビスケット。

飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)跡

飛鳥板蓋宮跡とされる地にやってきました。

ここは皇極・斉明天皇の時代の宮都でした。ここは蘇我入鹿暗殺の舞台でもあります。

またここが飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)跡とも言われます。

天武・持統2代の都でもあったということになります。

 

クリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ