MENU

香川県歴史巡り①【高松城公園 こんぴらさん】 

四国旅行記です。最終目的県の香川県へと向かいます。

コース選択をあまり考えてなくて失敗した感がありますね。

阿波池田→徳島→香川のルートをとったんですが、やたら移動時間がかかってしまいました。

阿波池田→香川→徳島→淡路→神戸のルートにすべきだった。どうも四国は初めてだったので、土地の感覚がないから無駄足が多くなってしまった。

結局、この午後は高松への移動と、ホテル(きたねえホテルだった)近辺で洗濯、讃岐うどん食べて終わってしまいました。

 

高松城公園

翌日から香川県の観光を始めます。まず県都・高松市の史跡・高松城公園を散策します。

玉藻(たまも)公園とも言うようです。タマモクロスと関係はあるのかなw

高松藩は江戸時代は、松平頼重(水戸光圀の兄)の一族により統治されたそうです。

 

 

さあ、入園していきます。

石垣はビシッと整備されているね。

 

旧東の丸「艮(うしとら)櫓」です。安政と昭和に大修理を行っているそうです。

石垣と、背後の現代建築がミスマッチで面白い。

 

 

庭園っぽいところに入ってみましょう。

松平家高松別邸「披雲閣(ひうんかく)」です。

江戸時代は今の2倍の広さがあり、藩主の住居として使われていたそうです。

 

重文「月見櫓」です。

「鞘橋」です。

二の丸と本丸を結ぶ動線になります。

有事の際は、この橋さえ落とせば本丸には攻めこめなかったんですね。

本丸跡に来ました。


天守台に登っていきます。

 

 

 

見晴らしよし!

 

 

眺めはよくて大満足です。

さあ、ことでん「高松築港駅」に来ました。

 

次の目的地は「こんぴらさん」こと金刀比羅宮です。

香川に来たら、行かざるをえないね。

無事到着しました。

門前町を歩いて参拝していきましょう。

最大の特徴は、御本宮まで続く長い長い石段です。

参道入口から御本宮まで石段の数は785段らしい。

まあ、これくらいでビビってられねえよ!

ガンガン行きます!

金刀比羅宮

さあ「大門」からが神域です。

けっこう疲れてきた! 暑かったんですよね。冷やし甘酒うまそう!

 

 

 

 

ここは厩みたいですね。

おっ!神馬がいます。

重文「書院」です。

 

お馬さんの像もありました。

 

重文「旭社」です。

 

 

 

そろそろゴールが見えてきたぞ。

ついに金刀羅宮本宮拝殿につきました!

 

 

海抜250メートル以上で、讃岐平野を見渡せます。

 

 

 

 

 

 

さあ、帰るかw

帰りはもう我慢できず、冷やし甘酒飲みました。うまかった。

 

下界に降りてきました。JR琴平駅そばに「高灯籠」がありました。

1860年完成の、日本一高い木製灯籠らしいですね。

帰りはJRを使います。JR琴平駅はなかなかハイカラな駅舎ですねえ。

このあとは丸亀城に向かう予定です。

クリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ