MENU

日本三名園巡り 水戸・偕楽園

JR水戸駅

f:id:mejirorock:20210909134907j:plain

駅前には水戸名物・水戸黄門さまと助さん、角さんの像。今の子どもたちはあまり知らないかな。人気時代劇でした。

f:id:mejirorock:20210909134910j:plain

もう一つ水戸といえば水戸納豆。最初は匂いが苦手な人も、食べだすとハマる。血栓の予防になるなど、健康食としても優良と言われています。

f:id:mejirorock:20210909134914j:plain

偕楽園

f:id:mejirorock:20210909134917j:plain

偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられます。

f:id:mejirorock:20210909134920j:plain

1842年、水戸藩第9代藩主徳川斉昭(烈公)によって、開園されました。この〜公という諡号(死んだ後のおくり名)は水戸藩主特有のものです。

f:id:mejirorock:20210909134924j:plain

水戸徳川家は尾張、紀伊と並ぶ「徳川御三家」の家格です。その割に貧乏藩だったけど。

f:id:mejirorock:20210909134928j:plain

偕楽園には約100品種3000本の梅が植えられ、2月下旬から3月中旬にかけて毎年「梅まつり」が行われます。

f:id:mejirorock:20210909134932j:plain

この画像は4月に撮ってますね。ちょっぴり寂しい感じですね。

f:id:mejirorock:20210909134935j:plain

f:id:mejirorock:20210909134938j:plain

f:id:mejirorock:20210909134941j:plain

f:id:mejirorock:20210909134944j:plain

f:id:mejirorock:20210909134947j:plain

水が湧き出る吐玉泉です。眼病に効能があるとか。

f:id:mejirorock:20210909134951j:plain

f:id:mejirorock:20210909134954j:plain

f:id:mejirorock:20210909134958j:plain

f:id:mejirorock:20210909135002j:plain

f:id:mejirorock:20210909135007j:plain

仙奕台(せんえきだい)と言って、周囲の景観が一望できる台地です。

f:id:mejirorock:20210909135020j:plain

水戸黄門、助さん、角さんや「水戸の梅大使」のお嬢さんたちと記念撮影できます。

f:id:mejirorock:20210909140545j:plain

水戸黄門は実在の人物で、徳川家康の孫・徳川光圀(義公)のことです。ドラマのように諸国漫遊をして、悪代官を成敗し、民百姓を守るというようなことは無かったですが、「大日本史」という歴史書を編纂する大事業を行いました。

f:id:mejirorock:20210909135023j:plain

「大日本史」は1670年代から編纂が始められ、完成したのはなんと明治時代の1906年というとてつもない大事業でした。

f:id:mejirorock:20210909135010j:plain

天皇を敬う尊王論で綴られており、幕末の尊王攘夷運動に大きな影響を与えます。

f:id:mejirorock:20210909135014j:plain

烈公・徳川斉昭。幕末の重要人物として、幕政にも関わります。しかし将軍の後継ぎ問題で大老・井伊直弼と対立し、安政の大獄で処罰されてしまいます。

f:id:mejirorock:20210909135026j:plain

それが水戸浪士による井伊直弼暗殺の「桜田門外の変」につながっていくのです。

 

弘道館

f:id:mejirorock:20210909213308j:plain

弘道館は旧水戸藩の藩校であり、全国最大規模のものでした。徳川斉昭によって1841年に開設されました。

f:id:mejirorock:20210909213311j:plain

動乱の時代を見据えたかのような、人材育成の場でした。

f:id:mejirorock:20210909213314j:plain

ここが正庁玄関です。

f:id:mejirorock:20210909213318j:plain

水戸藩は桜田門外の変で幕末動乱の火蓋を切りながら、凄まじい内ゲバを繰り返し、幕末政局で目立つことなく自滅していきます。

f:id:mejirorock:20210909213321j:plain

内ゲバは明治に入っても収まることなく、この弘道館でも戦闘が行われています。

f:id:mejirorock:20210909213324j:plain

烈公・斉昭の七男・七郎麻呂の像。七郎麻呂こそが後の最後の将軍・徳川慶喜です。慶喜も幼少時は、この弘道館で学びました。

f:id:mejirorock:20210909213326j:plain

慶喜は幼い頃から英邁で知られ、一橋家に養子に出されてからも将軍候補として多くの期待を集めました。斉昭も当然のごとく、息子の慶喜を将軍の座につけるべく動き、結果井伊大老と全面対決することになるのです。

f:id:mejirorock:20210909213329j:plain

対試場です。ここでは武術の試験が行われました。

f:id:mejirorock:20210909213332j:plain

藩主や重臣は屋敷の中から試験の様子を見ました。

f:id:mejirorock:20210909213346j:plain

f:id:mejirorock:20210909213336j:plain

これは烈公梅です。

f:id:mejirorock:20210909213340j:plain

水戸にしかない梅の品種らしい。

f:id:mejirorock:20210909213343j:plain

至善堂です。徳川慶喜もここで学びました。

f:id:mejirorock:20210909213349j:plain

徳川慶喜は15代将軍として大政奉還をした後、鳥羽伏見の戦いで敗れ、そのままここ至善堂で謹慎します。

f:id:mejirorock:20210909213352j:plain

f:id:mejirorock:20210909213355j:plain

慶喜が使用したとされる長持。

f:id:mejirorock:20210909213358j:plain

 

水戸城址

水戸徳川家初代藩主の徳川頼房です。家康の11男にして、光圀の父です。

f:id:mejirorock:20210909213401j:plain

水戸二中のあたりはかつては水戸城二の丸。

f:id:mejirorock:20210909213404j:plain

「大日本史」が編纂されていた彰考館が置かれていた場所です。

f:id:mejirorock:20210909213407j:plain

県立水戸一高。土浦一高と並ぶ茨城県立高校のトップ校。

f:id:mejirorock:20210909213410j:plain

構内には水戸城薬医門があります。

f:id:mejirorock:20210909213412j:plain

現存する唯一の水戸城建築物です。徳川氏水戸入府以前の、佐竹氏の時代に造られたのではと推定されます。

f:id:mejirorock:20210909213415j:plain

水戸一の辺りは水戸城本丸がありました。

f:id:mejirorock:20210909213418j:plain

水戸黄門神社?

f:id:mejirorock:20210909213421j:plain

ここで生まれたんだ。

f:id:mejirorock:20210909213424j:plain

クリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ