MENU

小6家庭学習・時間の使い方

6年生はとにかく「時間の使い方」が勝負です。

f:id:mejirorock:20210321093554p:image

 

学習ペースが乱れる年度初め

春期講習会中は「塾でしっかり指導してもらう」という流れでいいのですが、問題は4月以降です。

・学校でも新学年となる。(クラス替え、先生が代わるなど環境が新しくなるかも)

・塾の授業時間が増える。(土曜にYT、日曜に特別講座などが入る)

・日曜には模試が入る場合もある。

・土日に学校説明会などイベントに参加する場合もある。

・学習内容が、受験レベルに近くなり、宿題をやるのに時間がかかる。

 ・・など、など。さまざまな理由で、学習ペースを崩す可能性があります。

上位校に受かる子は、その辺のスケジュール管理が抜群にうまい。ただし普通は、そうそううまくできないもんです。どうしても親の管理、手助けが必要になります。 

 

まずは大枠を決めよう 

まずは1週間のスケジューリングをしてみましょう。

f:id:mejirorock:20210311224309p:plain

塾によっては、「週間学習スケジュール表」の提出を義務づけている場合もあると思います。その立て方としては

・睡眠時間7〜8時間は確保(まだ成長途上の小学生、無理させると続きません)

・就寝・起床時間は不動(土日祝日でも、寝坊はさせない。とにかく規則正しく)

・出されている宿題を4科ともチェック。

・いつ、どの科目の何をやるかをスケジュール表に入れていく。

 

コツとしては、塾のない日や休日で「大きな時間枠」を取れるところで「算数の応用問題」や「国語の長文」などじっくり考えさせる問題をやること。

逆に塾に行く前の30分など「短い時間枠」には、「漢字練習」や「理社暗記プリント」などちょっと作業的な問題を入れることです。 

 

「朝勉」を活用

朝の30分の「朝勉」はオススメです!受験生のだいたい7割以上の家庭では、「朝勉」を上手にスケジュールに組み込んでいるといいます。何より生活習慣を「朝型」に変えられるし、朝から頭が回転できるようになります。やる内容としては

・「計算」「漢字」など軽いもの。サクッと出来て、達成感があるもの

・前日の単元の復習(寝る前にやった理社の暗記をもう1回やったり)

・食事しながら「理社の一問一答」。お母さんの質問に答える。

・まわりきらない学校の宿題を片付けちゃう。

 

などなどですね。時間もないので、やはり軽くてサクッとできるものがいいです。ただし誰でもやっぱり朝は辛い。1秒でも布団にいたいものです。何度起こしても、いつまでもグズってる子も多いはずです。そういう場合のコツは、

f:id:mejirorock:20210311224356p:plain

 

・心を鬼にして起こす。起床時間は絶対に守らせる。

(もちろん体調不良などの場合は別です)

⇨とにかく起点を動かさないことです。そうすればその日一日は眠いかもしれませんが、その分その夜は早く寝てくれる。すると翌朝が楽になり、早起きできるようになる。良いサイクルが作れます)

・まず洗顔、歯磨きでシャキッとさせる。

・カーテンを開け、採光する。(太陽光は身体を目覚めさせる効果があります)

・飲み物を飲ませる。(好きなジュース、温かい紅茶など)

・エアコンであらかじめ部屋を適温にしておく。(特に冬場は寒いと起きられない)

・ダメならまず10〜15分だけ好きなことをさせる。(ゲーム、テレビなどで覚醒させてからやらせる)

 疲れがたまってる時は、正直かわいそうになっちゃいますが、なるべく生活リズムを崩さないようにしましょう。そういう時は、「学校から帰ってきて塾に行く前の15分程度仮眠させる」といいそうです。確かに、ちょっとでも寝ると全然違いますよね。 

 

塾を上手に利用する

塾を上手に活用しましょう。彼らはプロで、(もちろん学生バイトもいるけど)豊富な知識と経験を持っています。それを使い倒さない手はない。

f:id:mejirorock:20210311131927p:plain



宿題に「優先順位」をつけてもらう

すべての宿題をこなすことが理想です。しかし現実には難しかったりもします。特に苦手科目は逃げたがりますし、やったとして時間ばかりかかる。終わりきらないこともあるでしょう。そういう場合、すべて終わらなくてもやむをえないと思います。寝る時間になったら寝させる。生活リズムを崩すと継続していかないから。それぞれの科目・テキストごとに、「優先順位」をつけてもらうといいでしょう。

 

質問は積極的に!

算数を90分もかけて1〜2題しか進まなかった!だってわかんないんだもん・・なんてことはよくあります。そういう場合、見切りをつけてマーカーで印をつけとく。で、塾に早めに行って、先生に質問をする。これが一番効率的です。

ただし先生によっては突き放されることもあります。それはどういう場合か?質問の仕方が悪い場合です。例えば、

この問題の、どこがわかんないの?

全部

 

これじゃあ話にならない。考えようとしてない。まず頑張って、「ここまではわかったんですけど、そこからどうすればいいのかわからないので、教えて下さい」じゃあないとダメです。安易に質問しすぎても、考えない子になっちゃうので、ベテランの先生ほどそこは厳しいと思います。

 

塾の自習室なども利用するといい

授業で使用しない空き教室を「自習室」として開放している塾は多いです。「どうしても家じゃ集中できないんだよなあ」とか「下の子が小さくて、騒いでジャマされる」とかの場合は、塾の自習室を利用するのも手です。

 ただ自習室に行って、それだけで安心しちゃって、ぼ〜〜っとしてあまり進まない子や、友達とこそこそお喋りしてる子などもいます。

f:id:mejirorock:20210311224501p:plain


自習室といっても、ずっと先生が張り付いているのは無理だから(他の学年の授業に入っちゃってる)、そういうことも起こりえます。

自分の子供なら、「黙っててもちゃんとやるタイプ」か、それとも「信用できない。監視してないと怪しいタイプ」かはわかりますよね。

後者の場合は、時々先生に監視してもらうようにするといいでしょう。時々自習室を覗いてもらうとかして。ちょっと覗いただけでも、分かります。「先生と目が合う子」は集中してない子だって一発で分かる。下を向いて鉛筆を動かしてなきゃダメなんです。そういう場合は報告してもらいましょう。

 

クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村