MENU

両国 旧安田庭園、すみだ北斎美術館巡り【葛飾北斎】

両国を巡礼していきます。

旧安田庭園 

f:id:mejirorock:20210829212618j:plain

横網公園の隣にあって、無料だったので寄ってみました。

f:id:mejirorock:20210829212621j:plain

江戸時代の大名庭園を、明治になって安田財閥の総帥・安田善次郎が買い取ったそうです。

f:id:mejirorock:20210829212625j:plain

善次郎の死後は東京市に寄付され、現在は墨田区が管理します。

f:id:mejirorock:20210829212630j:plain

f:id:mejirorock:20210829212634j:plain

f:id:mejirorock:20210829212639j:plain

石灯籠、巨大でした。

f:id:mejirorock:20210829212643j:plain

f:id:mejirorock:20210829212647j:plain

f:id:mejirorock:20210829212650j:plain

さて移動します。

 

亀に乗った銅像を発見!

f:id:mejirorock:20210829212655j:plain

徳川家康像のようです。江戸消防記念会の寄贈。

f:id:mejirorock:20210829212659j:plain

北斎通りを発見。

f:id:mejirorock:20210829212706j:plain

この通りを行くと、次の目的地・北斎美術館にたどり着きます。

f:id:mejirorock:20210829212703j:plain

緑町公園

北斎美術館の前の公園ですが・・

f:id:mejirorock:20210829212729j:plain

江川太郎左衛門の屋敷跡!

f:id:mejirorock:20210829212714j:plain

江川家は代々、伊豆韮山の代官の家系ですが、特に幕末の太郎左衛門英龍は開明的で有名。

反射炉を築くわ、日本で初めてパンを焼くわ、日本近海に接近した英国船を説得して追い払うわ、卓越した能力を持った人物でした。明治まで生きれたらどれほどの仕事をしたか。

f:id:mejirorock:20210829212718j:plain

そして今回の主役・葛飾北斎生誕の地もここなんですね。

f:id:mejirorock:20210829212722j:plain

墨田区に生まれた浮世絵師の葛飾北斎(1760年〜1849年)は、90年にも及ぶ長い生涯で3万点を超える膨大でハイレベルな作品を残し、世界の偉大な芸術家として広く注目されています。

f:id:mejirorock:20210829212725j:plain

すみだ北斎美術館

f:id:mejirorock:20210829212734j:plain

いよいよ入場していきます。

f:id:mejirorock:20210829212710j:plain

ここがエントランスです。

f:id:mejirorock:20210829212737j:plain

北斎の絵は1867年のパリ万国博覧会でジャポニスムが起こってから一大ブームを巻き起こしました。
北斎に影響を受けた画家には、ゴッホやドガなどがいます。音楽家のドビュッシーも「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」に発想を得て、交響詩「海」を作曲したとされています。1998年には、『LIFE』誌の「最も重要な功績を残した世界の人物100人」の中で、日本人で唯一北斎が選ばれています。

f:id:mejirorock:20210829212741j:plain

f:id:mejirorock:20210829212745j:plain

「須佐之男命厄神退治の図」(推定復元図)

f:id:mejirorock:20210829212748j:plain

北斎86歳の時に描かれた作品で、牛嶋神社に奉納されていた作品ですが、1923年の関東大震災で焼失してしまいました。残されたモノクロ写真を元に復元されました。

f:id:mejirorock:20210829212752j:plain

入場していきます。ここは撮影可能なスペースです。

f:id:mejirorock:20210829212756j:plain

「富嶽三十六景」の版木です。

f:id:mejirorock:20210829212837j:plain

18世紀の終わりには、多色刷り木版画の「錦絵」が誕生します。カラフルで美麗な木版画が大量生産され、現在の価値で言うと1枚数百円で庶民の手に入りました。

f:id:mejirorock:20210829212840j:plain

「四代目岩井半四郎 かしく」(1779)

北斎デビュー当初の作品。勝川派の絵師として、役者絵などを描いていました。

f:id:mejirorock:20210829212832j:plain

「あづま与五郎、残雪」(1801〜1804)

勝川派を去った後、北斎は江戸琳派の頭領となります。この時代は独自の「宗理様式」を完成させます。

f:id:mejirorock:20210829212848j:plain

「賀奈川沖本杢の図」(1804〜1807)

後の「富嶽三十六景」を予感される作品。これが40代の作品で、70代であの「神奈川沖浪裏」を描くのです。波の表現が衝撃的に変わっていったのがわかります。

f:id:mejirorock:20210829212852j:plain

 「北斎漫画」(1812〜1829)

北斎は「絵手本」の制作に情熱を注ぎました。「ホクサイ・スケッチ」の名で世界的に知られるようになりました。

f:id:mejirorock:20210829212844j:plain

 

 「百物語 さらやしき」(1831〜1832)

f:id:mejirorock:20210829212800j:plain

 「芙蓉に雀」(1833〜1834)

これは北斎のコレクターで知られるピーター・モース寄贈の作品の一つ。彼のコレクションがこの美術館の根幹をなしています。ピーター・モースは、大森貝塚の発見で知られるエドワード・モースの親類。

f:id:mejirorock:20210829212856j:plain

「諸国瀧廻り 下野黒髪山きりふりの滝」(1833頃)

人気シリーズの一つ。日光の滝を描いた。

f:id:mejirorock:20210829212900j:plain

「富嶽三十六景 甲州石班沢」(1831頃)

36景と言いながら、ヒットを見越して当初から46枚描かれていました。後に続編として102枚の「富嶽百景」が描かれています。

f:id:mejirorock:20210829212804j:plain

「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(1831頃)

これが世界で一番有名な絵。「賀奈川沖本杢の図」から30年を経ての進化が分かる。

f:id:mejirorock:20210829212808j:plain

北斎のアトリエ再現

f:id:mejirorock:20210829212812j:plain

北斎は80代の頃、娘のお栄とともに住んでいました。その様子を門人が絵に残しているのですが、それを元に再現した模型です。北斎はいつもコタツで寝ながら作品を描いていたといいます。

f:id:mejirorock:20210829212816j:plain

北斎の名言。死の床につきながら「後10年、いや後5年生きられれば葛飾北斎は本物の絵描きになれるのに」というものでした。あくなき執念は凄い。

f:id:mejirorock:20210829212821j:plain

娘のお栄も「葛飾応為」の画号で、北斎と共同作業をしていました。応為の現存する作品は10数点と少ないが、色彩や陰影の表現は素晴らしいものがあります。北斎の天才の血を受け継いでいたのでしょう。新藤兼人監督の映画『北斎漫画』では田中裕子が演じていて最高でした。

f:id:mejirorock:20210829212824j:plain

この汚さ。天才にありがちですが、北斎は奇行が目立ちました。片付けは出来ず、汚れてくるとすぐ引っ越します。生涯93回引っ越したことで知られます。

f:id:mejirorock:20210829212829j:plain

撮影不可なものにも素晴らしいものが多く、堪能できました。

f:id:mejirorock:20210829212904j:plain

お土産で、赤富士と言われる「富嶽三十六景 凱風快晴」のクリアファイルを買ってきました。

f:id:mejirorock:20210830102202j:plain

 

クリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ