MENU

熊本歴史巡り【よみがえれ!熊本城】

九州旅行記です。初日、まずは熊本市にやってきました。

東京からは新幹線を使ってきました。なんかその時は気分的に、羽田まで行くのがかったるいし、荷物検査とか何やら面倒くさく感じて、新幹線にしちゃいました。

熊本駅

熊本駅にやってきました。熊本は2016年4月に、震度7を記録する巨大地震の被害にあいました。

あれから2年、そのお見舞いといってはなんですが、観光しながらもなるべくお金をおとしていこうと思います!

 

人気のゆるキャラ「くまモン」のお出迎えです。

また駅前には民謡を唄う娘「おてもやん」銅像があります。元気そうな女の子です。くまモン以前は、おてもやんが「熊本の顔的」キャラだったとか。

まず何はともあれ、天下の名城・熊本城の被災と復興状況を視察したいですね。熊本城には、熊本駅からバスか市電で行けます。

 

熊本城

いよいよ熊本城に到着しました。震災前(もう10年くらい前かな)に一度来てるんですけどね。

まずは熊本城を築いた武将加藤清正公の像がお出迎えです。

今回の記事の画像はあくまで2018年5月の段階での画像です。現在はおそらく復興作業は進展しているものと思われます。

 

馬具櫓(ばぐやぐら)、ヤられてるますね。いきなり衝撃ですね。

周囲を散策することはできますが、まだまだ復興中で、近寄ることはできません。

横の石垣はかなり崩れてますね〜。

この辺りは西大手門櫓と元太鼓櫓らしいんですが、もう何が何だか。

遠くに見える大天守(右側)は大修築中のようですね。中央は小天守、左側は宇土櫓です。

 熊本城の大小天守は、1877年の西南戦争直前に焼失。現在のものは1960年に復元されたものです。

戌亥櫓(いぬいやぐら)が見えます。下部の石垣がほぼ崩落し、角石だけで支えている状態になりました。

一本足で支えていると話題になった櫓ですね。よく保ったな〜

宇土櫓(うとやぐら)の石垣もかなり損傷したっぽいですね。宇土櫓は国指定重要文化財です。大小天守と違って、西南戦争でも焼失することはありませんでした。

加藤清正を祀る加藤神社です。

 実は加藤神社が新たな注目スポットになりつつあります。それは神社からは天守閣がよく見えるということ。

よみがえれ!熊本城!

なんかズレちゃってる感じしますね。

北十八間櫓、ここは完全に崩れて復旧中ですね。

お城のそばに高橋公園という公園があり、銅像がやたら立ってたので覗いてみました。

幕末の志士の像ですね。中心にいる横井小楠は、幕末の熊本藩士で、越前に招かれ藩政改革を行いました。

この高橋公園に、ガイド?爺さんがいて色々説明してくれました。と言うか勝手にしゃべりだした。で、最後に下手な(お城の)絵葉書売りつけられましたw 商売だったんか。

隣には土佐出身の谷干城(たにたてき)。

1877年の西南の役の際は熊本鎮台の司令として、熊本城に籠城して西郷の薩摩軍を迎え撃ちました。決戦に際して、谷将軍は射界を広げるため、熊本市中を焼き払うように命じました。その際に熊本城天守が原因不明の炎上をしてしまいます。

ガイド爺さんは、「谷のせいだ。土佐人が。他人の城だと思って燃やしやがって」と悪感情を持っているようでした。

 

熊本市役所

熊本市役所の14階展望ロビーからは、熊本城の全景が見れます。

 上ってみました。

 

桜馬場・城彩苑

そんなこんなで熊本城を一周して来ました。「桜馬場・城彩苑」というところで、食事・買い物など楽しめます。

とりあえず食いに走りました。熊本名物としては馬刺しか。

辛子蓮根(奥)と一文字ぐるぐる!(手前)とりあえず郷土料理を食わないと。一文字ぐるぐるってワケギという小ネギっぽいものをグルグル巻きにしたものらしい。

「美味しんぼ」で山岡が民自党の角丸幹事長(熊本出身かな?)から取材する時に食わせてましたね。

明らかに辛子蓮根でつって情報を聞き出そうとしてたくせに、「俺はそんな卑しいことは考えてねえ!こんな爺いに食わせるんじゃなかった!」とかとぼけてましたよね。山岡って汚ねえ野郎でしたね。

 

また城彩苑の「熊本城ミュージアムワクワク座」で熊本城の歴史史料や震災復興の様子など学ぶことが出来ます。

本丸御殿も早く復旧するといいですねえ。

熊本城全域のプロジェクションマップが見られました。被害状況の全体像が映像化されてました。

地震で落下した瓦が無造作に展示されてました。

歴史資料も豊富です。参勤交代のミニチュアモデルですね。

参勤交代のカゴを担ぐ人形さん。

西南戦争で、熊本城は激戦地となりました。下の大砲は薩軍、官軍双方ともに使用した4斤砲です。

コスプレコーナー。西南戦争時の制服が着られる。

西南戦争時の武器・弾薬などです。

こちらは薩摩軍の兵装です。

熊本城の復興には20年かかると言われます。しかし熊本城は熊本県民の宝でもあり、日本人の宝でもある。

時間はかかっても必ず復活して、みんなの心の支えとなる日が来るでしょう!

 

さて再び市電に乗って熊本城を離れます。

夜になって腹が減ったので、しめは熊本ラーメンか。(食ってばっか)

ラーメン桂花

でも金を落とすことが被災地の経済効果につながるのだと言い訳。

熊本駅ビル内の桂花ラーメンで夜食をいただきました。

ちょっと固麺で、美味しいぞ!