MENU

【天下分け目の決戦】関ヶ原古戦場巡り【家康vs三成】

岐阜県の関ヶ原町に来ました。

JR関ヶ原駅

今日はいよいよ関ヶ原古戦場にやって来ました。

1600年に行われた天下分け目の戦いを巡礼していきます。
名古屋から意外に近いですね。東海道本線で約45分でした。
 
すごい自販機w
 

関ヶ原古戦場

とりあえず車でまわっていきます。主だった陣跡はだいたい10キロ範囲内にあるようです。
 
まずは桃配山の徳川家康最初陣地です。
 
1600年9月14日、家康率いる東軍は西軍が籠城する大垣城をスルーして、西に進軍する構えを見せました。
慌てた西軍は関ヶ原に着陣。家康は得意の野戦に誘い出すことに成功しました。
三方ヶ原の武田軍みたいな陽動作戦ですね。
桃配山とは、7世紀にこの関ヶ原で起きた壬申の乱の際に、天武天皇が兵士に桃を配った故事に由来しているそうです。
 
徳川家康(三河守、内大臣)w
 
 
次にここが山内一豊(東軍)陣地です。
石碑とかもない。扱いも軽いですね。
山内一豊(対馬守)
 
 
次に岡山烽火(のろし)場に上がっていきます。
標高164メートルの丘陵です。
竹林、美しいね。
ここは黒田長政(東軍)と竹中重門(東軍)の陣地跡です。
戦場が見渡せます。午前8時頃、ここから戦闘開始の狼煙が上げられました。
正面が松尾山。
合戦の帰趨を決めた小早川秀秋(裏切り東軍)が日和見した場所です。
小早川秀秋(金吾中納言)「敵は大谷刑部!」
 
ここが関ヶ原決戦場です。
小早川らの裏切りで両軍大乱戦となったところ。やがて大谷勢は持ち堪えられず崩壊。
西軍は総崩れとなります。
 
 
ここが笹尾山。
西軍の指揮官・石田三成の陣地です。
関ヶ原巡りのメインがここでしょうか?
三成は豊臣家を守るため忠義を尽くしましたが、人望は無く、豊臣家恩顧の武将の多くは三成を嫌い、東軍に味方しました。
 
さあ、見えてきました!
三成はここで腹痛や島津、小早川の動向に悩まされたのですね。
 
関ヶ原後は敗走し、潜んでいたところを捕われ、斬首されています。
石田三成(治部少輔)「金吾ォ💢」
 
ここが三成麾下の武将・島左近の陣地です。笹尾山の麓に着陣しました。
三成に過ぎたるものが二つあり。島の左近と佐和山の城」と謳われたほどの名将でした。
島左近は関ヶ原で奮戦するも討ち死に。
三船の島左近、良かったですね。隠し砦の真壁六郎太のその後みたい。
 
ここは島津義弘(西軍)陣地です。
薩摩勢は三成の再三の督戦を無視して、様子見を決め込んでいました。
が、あまりにのんびりし過ぎて、気がつけば西軍は壊滅、逃げ場を失いました。
窮地に瀕した薩摩勢が選んだ選択肢は、なんと徳川本陣の中央突破でした。これぞ薩摩隼人。膨大な犠牲を出しながらも、大将の義弘は脱出に成功しています。
 
関ヶ原戦跡踏破隊の名碑」です!
なんと今なお関ヶ原からの島津勢退路ツアー?が行われているようですね!毎年夏休みに関ヶ原から大阪までの島津勢退路を踏破しています。達成者は碑に刻まれているようです。
 
ここは関ヶ原開戦地です。
この地で家康四男・松平忠吉井伊直政軍は、福島正則に抜け駆けして西軍に鉄砲を射掛けました。
これが関ヶ原の最初の一発となったのです。
 
このそばに小西行長の陣地があります。
 
ここが小西行長(西軍)の陣地です。
小西行長はキリスト教信者のためか、敗走後も自刃を選択せず斬首されます。
 
ここは宇喜多秀家(西軍)の陣地です。
神社の敷地の中にあるみたいですね。
宇喜多秀家は西軍の主力として奮戦しました。
敗走後はしばらく薩摩に匿われたりしていましたが、やがて幕府の知るところとなり八丈島に流されることになります。
しかし秀家は八丈島で80歳を超える長寿を達成しました。
宇喜多家は「浮田」と名を変えながら、明治維新を迎えます。今も八丈島に分家が残っているとか。
 
 
ここは美濃国関所の資料館のようです。
交通の要衝たる関ヶ原は、古くから大決戦が行われました。
672年の壬申の乱もそのひとつ。
天武天皇の天下取りの戦いでした。
 
さてここから大谷吉継(西軍)陣地巡りをしていきます。これは結構大変でした。
まずは東海道本線の踏切を越えます。
 
 
 
普通に山道。
 
ありました。
ここが大谷刑部の陣地です。
関ヶ原の武将の中でも、大谷刑部はかなりの人気。ドラマや映画で美化されるからか?歴女たちの巡礼も絶えないようです。すれ違った人はみんな女性だったw
 
さてここからさらに山奥へ。
大谷刑部の墓所へと向かいます。
癩病に病んだ大谷は醜い顔を晒したくないと、自刃後に自分の首を誰にも渡さないよう家来に厳命しました。
やっと着いた!大谷墓所です。
となりが介錯した家来ですね。
 
何と大谷刑部は顕彰碑まで立っていました。さすが一番人気です。
 
大谷吉継(刑部少輔)「わしが勝たす!」
 
 
源義朝の愛妾・常盤御前の墓所がありました。
義朝が平治の乱で敗れた後、常盤御前も落ち延びようとしましたが、この地で山賊に遭難し、悲劇の最後を遂げたとされます。
隣に松尾芭蕉の句碑がありましたね。
 
 
 
ここは猛将・福島正則(東軍)の陣地です。
東軍の主力として奮迅の戦いをしました。
ここには樹齢八百年の月見の大杉があります。
 
 
福島正則「おんのれ〜〜〜!」
 
 
ここは藤堂高虎(東軍)らの陣地です。
 
なんと関ヶ原中学校の敷地内にありました。
 
ここが徳川家康の最終陣地ですね。家康軍は午前11時ごろ桃配山からここに移動します。
一進一退の戦況に苛立った家康は、松尾山の小早川勢への威嚇射撃を命じます。
効果はてきめん。臆した小早川金吾は大谷勢へ突進。関ヶ原の大勢は決したのです。
ここは床几場といわれます。
戦い終わって日が暮れて、ここで家康が首など検分を行いました。
 
裏切り金吾は怯えて家康の前に出ようともしませんでしたね、「関ヶ原」のドラマではw
 
徳川家康「トロい男に勝たせて貰うたのか」

 
ここが東首塚です。
大量の戦死者が出た戦いでしたが、日本武士の美徳で、終戦後は敵味方関係なく手厚く葬ります。
 
 
この井戸水で首を清めたと言います。
 
 
首塚のそばに家康の四男・松平忠吉と井伊直政の陣地がありました。
この二人が福島正則を出し抜いて、西軍に最初の攻撃を打ち掛けたのです。
 
観光案内所でお土産も買えます。
武将コインロッカー。兵力によって大きさが違います。
 
どん兵衛も東西決戦か。
 
関ヶ原古戦場巡り、充実していました!

クリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ