MENU

小4上巻7回「地図の見方⑴」

f:id:mejirorock:20210320201526p:plain

今回から2回にわたって「地図の見方(地形図)」について学習していきます。
 

f:id:mejirorock:20210313015824p:plain 小4上巻7回

プリントDLした方はクリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ

 

小4の時点での学習は基本的なものだけになりますが、地形図の出題は難関校中心に増えており、対策が必要です。でも良い問題集がないので、塾のテキストを中心にやっていくのが一番良いかもしれません。

 

方位

まず四方位はだいじょうぶでしょうか。北と南はだいじょうぶだと思いますけど、東と西をちゃんと覚えておきましょう。5秒で覚えられます。

さて次は八方位です。

f:id:mejirorock:20210321085108j:plain



覚え方は南北>東西のルールだけ覚えておけばいいです。

まず①北と西の間にありますね。この場合「南北の方が東西より強い」のですから、「北西」になります。読み方は「ほくせい」と読みます。(時々音読みできない子がいますので、確認した方が良いでしょう)

また④南と東の間にありますね。この場合「南北の方が東西より強い」のですから、「南東」になります。読み方は「なんとう」と読みます。

・・・こんな感じで確認していきましょう。

 

地図記号

地図記号はその由来がシリーズに説明されてるので、それを参考にすると覚えやすいです。

例えば「赤十字」から「病院」の記号ができた、とか。むかしの火消しの「さすまた」から「消防署」ができたとかです。

 

あと一つ法則で覚えておくといいものがあります。

それは「◯が多い方が強い。上のもの」というものです。

 

①これが「町村役場」なんですが、

f:id:mejirorock:20210321084438p:plain

◯が1つ増えると

f:id:mejirorock:20210321084510p:plain
これで「市役所(東京23区では区役所)」となります。

 

②同様にこれは「交番」なんですが、(警棒をイメージしている)

f:id:mejirorock:20210321084605p:plain
◯が1つ増えると

f:id:mejirorock:20210321084649p:plain
これで「警察署」となります。

 

③またこれは「小・中学校」なんですが、

f:id:mejirorock:20210321084723p:plain
◯が1つ増えると

f:id:mejirorock:20210321084800p:plain
これで「高等学校」となります。

ちなみに「大学」は

f:id:mejirorock:20210321084947p:plain
これです。

 

電子基準点とは

今回のシリーズでは「電子基準点」の地図記号も学習しました。

電子基準点とは、人工衛星からの信号を受信し、地球上の位置を測定するための施設です。全国に約1300しかないので、見たことがない人も多いでしょうが、一番有名なのは国会議事堂前の国会前庭にあります。

f:id:mejirorock:20210321181726j:plain

f:id:mejirorock:20210321181750j:plain

日本水準原点

国会前庭にある「日本水準原点」は、測量の高さの基準となるものです。明治時代につくられた施設です。この隣に電子基準点が立っています。

f:id:mejirorock:20210321182023j:plain

電子基準点「東京千代田」

そしてこれが電子基準点。東京都区部では他に「高井戸」にもあります。日大桜ヶ丘高校の敷地にあるようです。

f:id:mejirorock:20210321182206j:plain

電子基準点「東京千代田」

f:id:mejirorock:20210321182641p:plain