MENU

小4上巻14回「雨の少ない地方のくらし」

f:id:mejirorock:20210413132409p:plain
 

f:id:mejirorock:20210313015824p:plain 小4上巻14回

プリントDLした方はクリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ

  

今回は雨の少ない地方のくらしです。讃岐平野です。

 

瀬戸内地方はなぜ雨が少ないのか?

 

太平洋側は夏に雨が多い!(雨温図は凸型になります)

13回で習った通りです。

 

日本海側は冬に雨・雪が多い!(雨温図は凹型になります)

12回で習った通りです。

 

 

そうしたら中国山地と四国山地の間の瀬戸内地方はどうなるの?。

 

冬は日本海側の県で雨・雪が降ってしまうから⇨瀬戸内地方は雨が少ない。

夏は太平洋側の県で雨が降ってしまうから⇨瀬戸内地方は雨が少ない。

瀬戸内地方は年中雨が少ない

 

雨温図はこうなります。

 

降水量200㎜と気温0℃のところに赤い線を引きましょう

水色の棒グラフが降水量を表します。赤い線に一度も達していないところがポイントですね。

これが少雨県の見分け方です。

 

このように1回1回積み上げていけるところが、小4のカリキュラムのいいところ。

 

まだ習い事などの関係で、理社を始めてない人も、なるべく早く理社をスタートすることをオススメします。早く始めれば始めるほど、後々楽になります。遅く始めれば始めるほど、結局子供の負担は増えます。そうは言っても事情があるんだよ!っていうのはわかるんですけど、まずは春期・夏期講習会はスポット参加でもいいので、できれば遅くとも小4冬期講習会からは本格スタートさせるのがいいですね。冬期・1月の授業では小4のまとめをやってくれるはずなので、そこである程度「抜け」を無くせますから。

 

水不足による干害に苦しめられながらも、人々はその気候・風土を逆利用して、様々な工夫をしてきました。

雨が少ない気候でも育つ小麦を利用した「讃岐うどん」を名物にしました。

f:id:mejirorock:20210413132137j:plain

讃岐うどん


「讃岐うどん」とブランド化されてブームになったのは、意外に新しく1970〜80年代なんですよね。