小5下巻17回 予習シリーズ社会の徹底解説と暗記プリント

  • URLをコピーしました!

  

今回は大正時代です。大正は15年までで明治・昭和に比べてやや期間が短いんですね。これは大正天皇が病弱、短命であったためです。(大正後期には、皇太子が摂政となっていた)しかし重要事件がけっこうありますので、ポイントを押さえておきましょう。

スポンサーリンク
目次

第一次世界大戦

大戦のはじまり

バルカン半島を中心とする列強の勢力争いから勃発したのが、第一次世界大戦です。「クリスマスまでには決着がつくだろう」との思惑は狂い、総力戦・持久戦へとエスカレートしていって、ヨーロッパ諸国を事実上壊滅させる大戦争となってしまいました。何しろロシア・ロマノフ朝、ドイツ・ホーエンツォレルン朝、オーストリア・ハプスブルグ朝、トルコ・オスマン朝の4つの大帝国が滅亡するという、衝撃的な戦いだったのです。

きっかけは1914年のサラエボ事件でした。オーストリア皇帝の後継であったフェルディナント夫妻が、サラエボ(現在のボスニア・ヘルツェゴビナ)でセルビアの暗殺者グループの手によって暗殺されたのでした。

サラエボ事件

欧州の細かい政治情勢は、中学入試では問われません。出るのはきっかけの「サラエボ事件」だけ。しかし対立構造だけは確認しておきましょう。

同盟国 ドイツ、オーストリア、オスマントルコ・・
VS
連合国 イギリス、フランス、ロシア、日本、・・(のちにアメリカ)

第一次大戦は1600万人もの犠牲者を出した史上最大の戦争の一つ。大量殺戮兵器を惜しげなく投入した近現代戦の幕開けでした。

開戦当初のドイツ軍兵装。これでは機関銃の餌食とされてしまう。

機関銃の本格運用が全てを変えました。それまでの歩兵や騎兵の突撃では、待ち構える機関銃の攻撃にまとめてなぎ倒されてしまいます。フランス軍は開戦当初の8月20日から23日までの間に4万人の戦死者を出し、うち22日だけで2万7千人の損害を出しました。それまでの戦争とはケタが違う犠牲者を出す、恐るべき戦いの幕開けでした。

塹壕(ざんごう)という穴を掘って、両軍が対峙する長期戦となりました。

長期化する戦局を打開するために、新兵器が投入されました。その一つが戦車です。

イギリス軍が初めて実戦投入したマークⅠ型戦車。

飛行機も使われるようになりました。最初は偵察用に、次第に戦闘や爆撃にも使われるようになりました。

ドイツ軍が投入したフォッカー・アインデッカー。

海軍力でイギリスに勝てないドイツは、Uボートと呼ばれる潜水艦を投入し、通商破壊を行いました。ドイツ潜水艦の無差別攻撃は、アメリカの怒りをかい、アメリカ参戦の大きな要因となりました。

ドイツ軍のUボート。

毒ガスも使用されました。最初にドイツ軍が塩素ガスを使用し、1日で5000人の死者が出ました。連合国軍もより毒性の強いホスゲンで反撃し、双方が防毒マスクをつけて戦うようになりました。

防毒マスクをする連合国軍の兵。

また大戦中の1918年から大流行したインフルエンザ「スペインかぜ」は、世界中で推定1億人の死亡者を出したと言われます。最初はアメリカで起こったと思われますが、アメリカの大戦参戦によってヨーロッパにも蔓延したと考えられます。

スペインかぜの患者を収容するアメリカ陸軍病院。

日本でも大流行し、40〜45万人ほどの死者が出たと考えられます。

スペインかぜによって、日本にマスクが広まりました。

日本の参戦と二十一か条の要求

日本の参戦理由を押さえておきましょう。予習シリーズでは日英同盟を口実にした、などと悪意を感じさせる表記になってますが、日本政府内には遠く欧州の大戦に巻き込まれることへの異論が存在しました。そもそも日英同盟には自動参戦条項は存在しません(日露戦争にイギリスが参戦しなかったように)。イギリスの本音は「日本にドイツを叩いてほしい!でも日本のアジア〜太平洋での勢力拡張は防ぎたい!」という調子のいいものでしたが、日英は最終的には折り合い、開戦から1月遅れで日本は参戦することになりました。当時の総理大臣は76歳の大隈重信でした。

大隈重信総理大臣

日本はイギリス側の要請に基づいて、アジア・太平洋におけるドイツ軍拠点を攻撃・占領しました。

中国・青島(チンタオ)のドイツ軍基地を攻撃する日本陸軍。

また1917年にドイツ軍の潜水艦による商船攻撃が活発化すると、連合国からの要請によって日本海軍は「地中海における船団護衛」の任につきました。

攻撃された輸送船団から救出された乗員であふれる日本海軍駆逐艦「榊」。

地中海ってヨーロッパじゃないの?遠くない?

  めじろ

遠いよね。日本海軍は日本近海で戦うことを想定されて作られた海軍。ヨーロッパまでよく行けたよ。

日本の地中海護衛艦隊(第二特務艦隊)の危険をかえりみぬ勇敢な働きは、連合諸国の絶大な信頼を受け、英国国王ジョージ5世から勲章が与えられるほどでした。とにかく覚えておくべきことは「日本はイギリスの味方をして、ドイツと戦った」ということです。

地中海艦隊の奮戦を記念して建設された凱旋記念館
(長崎県佐世保市)

二十一か条の要求
①中国政府は、山東省におけるドイツの権利を日本にゆずる。
旅順・大連を借り受ける期間と、南満州鉄道の権利の期間を99年延長する。
③南満州などにある製鉄会社や鉱山の権利を、日中共同のものとする。
④中国沿岸の港湾、諸島を外国に譲り渡したりしないこと。
⑤中国の政治や、財政に日本人の顧問を採用する。

  めじろ

この要求は「第一次大戦で欧米列強の目がアジアから離れている隙に、日本が中国に無理矢理突きつけた要求」として評判が悪い。

そうね。色々と要求が多いですね。

このうち日本が最も重視したのは、第2号「旅順・大連を借り受ける期間と、南満州鉄道の権利の期間を99年延長する」でした。

  めじろ

日本がこれらの権利を得たのは、日露戦争の結果によってだった。

そうね。ポーツマス条約の内容と同じだね。

旅順大連や南満州鉄道の期限は、1923年までと決められていました。しかし日露戦争で大きな犠牲を払って得た満州での権益を簡単に手放すわけにはいきません。この第2号の実現こそが、二十一か条の要求の核心部分でした。英米仏露の欧米列強も、第1号〜第3号までは「日本の特殊権益」としてほぼ容認しました。

南満州鉄道。

評判が悪かったのは第5号「中国の政治や、財政に日本人の顧問を採用する」で、中国を日本の保護国化するような内容でした。しかし実はこれはそもそも「要求」でさえなく秘密裡にダメモトで言ってみた「希望条項」だったのです。中国がこれを欧米列強にリークし反日宣伝に利用したため、第5号はあっさり取り下げられました。

ロシア革命

第一次大戦中の1917年、ロシアで世界初の社会主義革命「ロシア革命」が起こりました。

ロシア革命

社会主義ってなに?

  めじろ

身分や貧富の差がない、みんなが平等な社会さ。企業や農地をすべて国が管理するんだ。

みんなが平等!

素晴らしい社会じゃん。

  めじろ

でも現実に存在する社会主義の国って、中国や北朝鮮なんだよ。どう思う?

ああ〜。自由じゃない感じかな?少なくとも日本よりは不自由な国。

  めじろ

そうだね。なかなか理想通りはいかないんだ。

社会主義を押し進めて世界に広げていく考えを共産主義といいます。これらの考えを理論化したカール=マルクスという人物の名をとって、マルクス主義とも言われました。

プロイセン出身の思想家・カール=マルクス。

対して、日本やアメリカなどの自由な競争のある社会(ただし貧富の格差もある社会)を資本主義といいます。資本主義と社会主義はしだいに宿敵となっていきます。

ロシア革命の指導者・レーニン。

ロシア革命勢力は内戦の末、1922年にソビエト社会主義共和国連邦を建国しました。

ソ連の誕生。

1918年、日本やアメリカ、イギリスなどの資本主義国は、社会主義の広がりを恐れて、ロシア東部のシベリアに出兵(シベリア出兵)し、革命を失敗させようとしました。

シベリア出兵時の資本主義各国連合軍。

大戦後の世界

第一次大戦は4年にわたっての死闘の果てに、連合国の勝利で終わります。1919年フランスでパリ講和会議が開かれます。パリ郊外のベルサイユ宮殿で、対ドイツ「ベルサイユ条約」が締結されました。(年代暗記:行く行くパリのベルサイユ

ベルサイユ宮殿の「鏡の間」。ここで講和条約の調印が行われました。

この条約のあまりに報復的な内容(ドイツは天文学的な賠償金を課せられた)がドイツの恨みを買い、ナチス政権の誕生→第二次大戦へと繋がったという批判があります。

この椅子でベルサイユ条約が調印された。

またアメリカ大統領ウィルソンの提案で、世界の平和を守るための国際組織国際連盟」を設立することになりました。

国際連盟の第1回総会。
本部が置かれたスイス・ジュネーブでの会議。

国際連合じゃないの?

  めじろ

それは今ある組織だね。この時出来たのは国際連盟で、今は存在しない。

アメリカ・ウィルソン大統領
言い出しっぺなのにアメリカ議会の反対で、アメリカは国際連盟に不参加でした。

第一次世界大戦と日本

このデータもよく出されますので、押さえておきましょう。赤と青のどっちが輸出かという問題です。

第一次大戦前後の日本の貿易

大戦中、欧州諸国は戦争にかかりっきりで、アジア市場はガラ空きになりました。そのすきに、今ほど国際競争力が無かった日本製品も食い込むことが出来るようになりました。

  めじろ

大戦をきっかけに日本経済は急成長した。農業国から工業国へと発展していったんだ。

戦争をきっかけに発展するなんて!

  めじろ

何か皮肉だね。でも実はよくあることなんだ。

また第一次大戦中のドイツ潜水艦による無差別攻撃のために、連合国側の船舶も数多く撃沈されました。そこで日本に注文が来ます。大戦中は造船・海運業中心に大いにもうかり、輸出も増えます。これは「大戦景気」と呼ばれました。

大戦景気で急に大金持ちになった「成金」。

しかし大戦が終わりヨーロッパ諸国が復活すると、日本はあっさり貿易赤字に戻りました。成金の多くも没落していきます。

  めじろ

今でこそ「メイドインジャパン」というと、高級で質の良い製品というイメージだけど、昔は「メイドインジャパン=粗悪品」という感じだったんだ。

ふう〜ん。その頃は外国製品に勝てなかったんだ。

そんな時に巨大地震が関東を襲いました。

関東大震災で壊滅した横浜。

1923年9月1日に南関東を襲った関東大震災です。地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なったことから大火災につながり、10万人以上の犠牲者を出す惨事となりました。国家予算1年分を上回る被害額が出たため、日本経済は大きな打撃を受けました。

大正デモクラシー

大正というと「リベラル」の時代というイメージがあります。この時代の政治運動を「大正デモクラシー」と言います。デモクラシーとは現代では「民主主義」と訳されますが、当時は東京帝国大学の吉野作造博士の提唱した「民本主義」という語で理解されていました。

吉野作造。

吉野博士らによって作られていった大正デモクラシーの政策目標は2つでした。

政党政治の実現
普通選挙の実現

政党政治の実現

当時はまだ「藩閥政治」の時代でした。内閣総理大臣になれるのは、薩摩藩・長州藩など藩閥関係者が主でした。つまり国政選挙は実施されますが、その選挙で勝ったとしても内閣を組閣することが出来ない。その反発から「護憲運動」が起きます。

護憲運動の中心・尾崎行雄
尾崎や犬養毅は「憲政の神様」と呼ばれました。

「国政選挙の勝利者(与党)が、内閣を組織する(政党政治)」という、現在では当たり前のことが当時はそうでなく、大きな政治目標でした。

これが実現したのは1918年の原敬内閣(与党・立憲政友会を中心に組閣)でした。「ロシア革命→シベリア出兵(対ロシア革命の干渉出兵)→米騒動→寺内内閣が責任をとって辞職→原敬内閣組閣」の流れを覚えておきましょう。

STEP
ロシア革命

1917年に起きた世界初の社会主義革命は世界中に大きな影響を与えました。

ロシア革命
STEP
シベリア出兵

日本やアメリカなどの資本主義国は革命の広がりを恐れて、ロシア東部シベリアに出兵を決めます。

シベリア出兵
STEP
米騒動

シベリア出兵となると、兵隊さんたちのために大量の食料が必要になります。それを見越した米商人たちが、米の買い占めや売り惜しみをしたために、米の価格が大きく上がってしまいました

神戸で焼き討ちにあった建物。

1918年7月、富山県魚津市の漁村の主婦たちが、米屋などに安売りを求めて押しかけました。この事件が「越中女一揆」と新聞に報道されると、たちまち打ちこわしは全国に広がりました。これを米騒動といいます。

富山県魚津市の旧第十二銀行の米蔵。
ここが米騒動発端の地です。
STEP
寺内内閣総辞職

約50日間も数百万人が参加して続いた米騒動を押さえるため、寺内正毅内閣は軍を出動させざるを得ませんでした。米騒動が収束した後、寺内内閣は責任をとって総辞職します。

STEP
原敬内閣組閣。初の本格的政党内閣の誕生。

代わって1918年9月に組閣したのが原敬でした。原内閣は軍部大臣以外の大臣をすべて立憲政友会のメンバーで占めるという初の本格的政党内閣でした。

原敬。
華族でなかったため、「平民宰相」と呼ばれました。
盛岡市の原敬生家。
原は戊辰戦争で「賊軍」とされた盛岡藩の出身でした。

普通選挙法と治安維持法

当時はまだ選挙資格(納税額による)に制限がありました。原敬でさえ「制限選挙」を維持する考えでした。

この制限が撤廃され、いわゆる「普通選挙」が実現したのは1925年加藤高明内閣の普通選挙法でした。「満25歳以上のすべての男子」に選挙権が与えられたのです。(年代暗記:行くよ選挙に25歳)ちなみに女子の参政権実現は、その20年後の1945年です。男子普通選挙の実現によって、有権者は4倍に増えました。

加藤高明。
第1回普通選挙を知らせるポスター。
  めじろ

普通選挙は略して「普選(ふせん)」と呼ばれたんだ。

日本人が何でも略したがるのは昔からなのね。

しかし情勢は不安になってきていました。ロシア革命の影響による世界的な「社会主義ブーム」です。今でこそ社会主義というと「ソ連・中国共産党・北朝鮮→独裁の恐怖政治」と、何か怖い印象がありますが、当時は肯定的に捉えられていました。「貧富の格差のない、平等な社会の実現」という甘い理想に、世界中の人々が酔いしれました。日本も都市のインテリ層中心に熱狂的な賛同者が生まれ、革命前夜の雰囲気が漂います。

これには各国の支配者層も深刻な危機感を覚え、各国で「共産党の非合法化」が行われます。それが国際的な潮流だったのです。

共産主義ブームは世界を席巻しました。

革命とはおそろしい一面を持つもの。フランス革命の時もルイ16世夫妻は処刑されましたが、ロシア革命においても皇帝ニコライ2世一家は子女四名含め全員が銃殺され、国家体制が根本的に覆されました。

ロシア皇帝一家。

日本は断じてその二の舞は踏まない。「日本革命」など起こさせてはならないと考えたわけです。ヒートアップする社会主義運動に、ブレーキがかけられます。これが1925年加藤高明内閣の治安維持法です。社会主義運動を取り締まり、革命を未然に防ぐための法律でした。

普通選挙法と治安維持法は「アメとムチ」と呼ばれました。

治安維持法は、普通選挙を認めたことによる社会主義勢力の伸張を恐れて制定されたものです。なにしろ「普通選挙」ということは、革命思想家も一票を持つということだから。

しかし「治安維持法」は後には社会主義者だけでなく、自由主義者弾圧に悪用されます。この運用のまずさにより、天下の悪法となっていきます。

社会運動の高まり

長く厳しい差別に苦しんできた人々は、1922年に京都で全国水平社を結成しました。

水平社宣言
われわれは、心から人生の熱と光を求めるものである。水平社はこうして生まれた。
人の世に熱あれ、人間に光あれ。

また女性解放運動も活発になりました。1911年に平塚雷鳥は「青鞜」を創刊しました。

平塚雷鳥「青鞜」
(江戸東京博物館)

「青鞜」発刊の宣言
原始、女性は太陽であった。・・今、女性は月である。

また第一次世界大戦の後に、世界的に女性の社会進出が進んだことも重要ですね。

なぜ?戦争と女性が関係あるの?

  めじろ

戦争が起こると、男性はみんな戦場に行ってしまうよね。

ああ、なるほど。それまで男性が働いていた職場で、労働者不足になるのね。

  めじろ

その通り。それまで男性の仕事とされていた工場労働者や運転手などに女性が進出することになった。

戦後、女性にも男性と同等の権利が認められるようになり、1918年にはイギリスとドイツで婦人参政権が認められました。

兵器工場で働く女性労働者。

市民生活の変化

工業化や都市化が進んで、サラリーマンと呼ばれる都市労働者が見られるようになりました。

  めじろ

大正時代に書かれた「東京を舞台にした小説」を読んでみると、もうほとんど今の東京人と変わらない感じだよ。

1927年(昭和2年)には上野〜浅草間で地下鉄が開通しました。

杉浦非水が描いたポスター。
(東京国立近代美術館)
杉浦非水が描いたポスター。
(東京国立近代美術館)

1925年にはラジオ放送が始まりました。

初期のラジオ放送
(江戸東京博物館)

洋服や洋食も広がりました。

銀座を歩くモダンガール。

流行の最先端の若者たちは、モガ(モダンガール)モボ(モダンボーイ)と呼ばれました。

当時の若者が愛読した「モダン日本」
(江戸東京博物館)
明治・大正の戦争まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次