MENU

小4下巻17回「食べ物は日本で作られる?」

 

f:id:mejirorock:20210904230746p:plain

f:id:mejirorock:20210313015824p:plain 小4下巻17回

プリントDLした方はクリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ

  

今回は食料の自給率や、輸入などが重要です。

 

食料自給率について

まず食料全体の自給率(カロリーベース)の、約40%という数値を覚えましょう。この数値が高いか?低いか?外国と比較してみましょう。

一目瞭然ですね。かなり低い!

特に「穀物」の自給率は28%(飼料用も含む)と、致命的な低さです。

「穀物」は常温保存ができるため、例えば戦争などの非常事態で外国からの輸入が断絶したとしても、穀物さえあれば生きのびることができます。

だからどの国も穀物だけは「国家の生命線」と考え、できるだけ自給できるよう努力しているものなのですが・・。

 

さて農産物別の自給率を押さえていきましょう。

 

・・95%

さすが!日本人の主食だけあって高いです。というか「減反政策」をしていたぐらいだから、米は余ってるはずなんですが、自給率が100%じゃないのはなぜか?というと、アメリカからの求めに応じて、米を少しは輸入することに決めたからです。(要らないんですけどね)

・・95%

まあ、傷みやすく割れやすい卵は輸入できそうもないですよね。

野菜・・80%

野菜もできれば、近くで取れた新鮮でピチピチの野菜が食べたいものです。これを「近郊農業」と言います。しかし平成に入った頃から冷蔵輸送技術が進歩して、外国から安い野菜を鮮度を保ったまま輸入できるようになりました。主に中国から輸入します。

肉類・・55%

暗記法:焼肉GOGOと覚えましょう。牛肉はアメリカオーストラリアから輸入します。鶏肉はブラジルやタイから。55%とけっこう自給出来るんだ!と思ってしまいますが、実は家畜たちのエサ(飼料)を自給できないので、結局ほとんど外国頼みなのです。(飼料自給率は25%程度)

果物・・40%

りんごやみかん、ももなどは輸入してるイメージはないですね。バナナやパイナップル、キウイフルーツなど南国っぽい果物をたくさん輸入してます。特にぶっちぎりで多いのはバナナで、フィリピンという国から輸入します。

小麦・・15%

パンやうどんなどの原料になり、北海道で生産されますが、多くを外国からの輸入に頼っています。暗記法:アカオニ食べる小麦パンと覚えましょう。アメリカ、カナダ、オーストラリアから輸入します。

大豆・・7%

食用油や豆腐、しょう油、味噌などの原料になり、北海道で生産されますが、多くを外国からの輸入に頼っています。暗記法:アブラカナ大豆かな?と覚えましょう。アメリカ、ブラジル、カナダから輸入します。