小4上巻2回 予習シリーズ社会の徹底解説と暗記プリント

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
目次

 スーパーで売ってるものは?

実際に買物がてら近所のスーパーを回ってみるといいでしょう。

野菜なら野菜、果物なら果物と種類ごとに売り場が分かれていますまた同じ商品でもいろいろなメーカーのモノを揃えています。

f:id:mejirorock:20220125002225j:plain
野菜売り場

野菜や果物には一番美味しくいただける「」があります。ビニルハウスなど施設農業の広まりで、季節感が薄れてきましたが、自然の感覚は知っておきたいところですね。

f:id:mejirorock:20220125002111j:plain
果物売り場

おかずは店の奥で調理しています季節や時間によって、何をどれだけ作るかを決めています。

f:id:mejirorock:20220125024256j:plain

店の外にリサイクルボックスがあります。牛乳パックやトレイなどはリサイクルされています。

f:id:mejirorock:20220125002324j:plain
リサイクルボックス

その他、環境に配慮した工夫はさまざまに行われています。レジ袋を有料化してエコバッグを推奨する動きもその一環と言えます。

f:id:mejirorock:20220125002622j:plain
エコバッグ

お米などの重いものはレジの近くに置いてあります。

f:id:mejirorock:20220125011831j:plain
重いお米はレジのすぐそば!

どうやってお店にとどくの?

ふつう市場を通じてお店に仕入れますが、市場を介さず、直接産地から仕入れることもあります。これを産地直送といいます。

f:id:mejirorock:20220125014304j:plain
「私たちが作りました」生産者の顔が見られれば安心!

また地元で生産された作物などを、地元で消費することを地産地消といいます。地元ならではの新鮮で、お手頃な食べ物を買うことが出来ます。作物を生産した地元生産者の写真などを見ることで、消費者は安心感を得ることができます。また輸送距離が短くて済むため、輸送の際の燃料や排気ガスを抑制出来るので、環境に優しい取り組みといえます。

スーパーの工夫

新鮮でおいしいものを売るために

肉や野菜などのケースは、冷蔵庫と同じくらいの低い温度になっています。これによって新鮮さを保つことが出来ます。

f:id:mejirorock:20220125024608j:plain

安くてよいものを買ってもらうために

スーパーでは新聞の折り込みチラシやインターネットなどで宣伝して、お客さんを集める努力をしています。チラシにはお買い得商品が大きな字で書かれていたりします。また食品の産地を知りたい人が多いので、千葉産やアメリカ産などの産地情報も掲載されています。消費者の中にはいくつかのお店のチラシを見比べて、少しでも良い商品を買おうとする人も多いのです。

f:id:mejirorock:20220125011959j:plain

またお店ごとにポイントカードを作って、買い物するごとにポイントが貯まるような仕組みにしています。これによって継続してお店に来てもらえるようになります。

必要な量を買ってもらうために

最近は一人暮らしなどや少人数の家族も増えています。さまざまな家族の人数に対応するために、野菜を切り分けたり、大きなパックや小さなパックで販売しています。

f:id:mejirorock:20220125012621j:plain
これなら少人数でも食べられる!

まだ食べられるのに捨てられてしまう食品が多いことが問題になっています。これを食品ロス(フードロス)といいます。日本では年間一人当たり45kg分の食料を捨てている、という統計があります。これは日本人一人当たりが、毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと近い量になるのです。食べ切れる分だけ買うようにすることで、食品ロスを少なくしていかなければなりません。

f:id:mejirorock:20220125025123j:plain

お店の側でも時間が経つと食品の値段を安くして、食品を売り切るようにしています。食品ロスを無くすために堂々と半額セールを買いましょう。

f:id:mejirorock:20220125005836j:plain
お値打ち価格は食品ロスを減らせる!

みんなが買い物をしやすいように

売り場や通路を広くして、車椅子やショッピングカートを動きやすくしています。このように生活していく上で、障害になるものを取り除くことをバリアフリーといいます。スーパーには車椅子貸し出しや補助犬の入店が可能なお店もあります。

f:id:mejirorock:20220125005701j:plain
通路は広々!

また駐車場を広くして自動車で来やすくしています。自動車なら一度に沢山のものを買って帰ることが出来ますね。

f:id:mejirorock:20220125001943j:plain
スーパーの駐車場

最近の変化としては電子マネーセルフレジの普及などがあげられます。

f:id:mejirorock:20220125001535j:plain
セルフレジ
f:id:mejirorock:20220125001726j:plain
電子マネーで支払いもできます。

ラベルからわかること

個体識別番号についても理解しておきましょう。これは牛がどこで生まれて、何を餌にして育ったのか等のさまざまな情報を調べるための番号です。2000年代初頭に発生したBSE問題と、それに伴う食品産地偽装事件をきっかけに付けられるようになりました。

f:id:mejirorock:20220127222917j:plain
ロット番号とは複数頭の牛肉を原料とした製品に付けられる識別番号。

この番号をもとに、伝染病に感染した牛の産地や流通経路を辿ることが出来ます。このような仕組みをトレーサビリティといいます。トレーサビリティは桜蔭で出題されたことがありますね。

さまざまなお店

コンビニエンスストア

1974年にセブンイレブン一号店が豊洲に誕生して以来、現在約6万弱の店舗が日本中に展開しています。当初は「開いてて良かった」がキャッチコピーでした。年中無休24時間営業は、人々のライフスタイルの変化を反映し、受け入れられていきました。

f:id:mejirorock:20220125012115j:plain

コンビニエンスストアでは買い物だけでなく、公共料金支払い、コピー、宅配便、ATMでお金を引き出せるなど、さまざまなサービスを行なっています。

f:id:mejirorock:20220125013207j:plain
コンビニATMでお金をおろせる。

また深夜も明るいので防犯効果があります。

f:id:mejirorock:20220125013029j:plain
コンビニは夜でも明るくて安心。

ただし問題点として、弁当の売れ残りの大量廃棄、店の前が不良の溜まり場になる、24時間営業が経営者の負担になる、などが指摘されています。

商店街

かつては「〇〇銀座」などと呼ばれて、日本中で見られた商店街ですが、現在は廃れて閉店する店も多く「シャッター街」などと呼ばれるようになりました。郊外の大規模ショッピングセンターに、自動車で買い物に行く人たちが増えたことが原因の一つと考えられます。

f:id:mejirorock:20220125022155j:plain

また地方の駅前の百貨店やデパートも最近は客足が離れ、閉店のニュースを耳にするようになりました。高級感ある百貨店は若い世代には敷居が高いようで、ショッピングモールやネットショッピングに流れているようです。それに加えてコロナ禍が止めをさしたようで、閉店ラッシュは各地で続き、山形県や徳島県など百貨店ゼロの県も発生してきました。

 みんながくらしやすくなるために

バリアフリーは主にお年寄りや障害者の方などが、暮らしていく上でじゃまになるものを取り除くことです。誰もが暮らしやすい街づくりを目指していこうという考え方です。2000年に「交通バリアフリー法」が施行され、多くの駅にエレベーターやエスカレーターが作られるようになりました。

f:id:mejirorock:20220125021713j:plain

緩やかなスロープは車椅子の人にはありがたいですね。手すりも転倒防止に役立ちます。お年寄りの場合、転倒してそのまま寝たきりになってしまうケースがあります。

f:id:mejirorock:20220125015819j:plain
スロープと手すり

これは目が不自由な人を導く盲導犬です。この犬は必ずハーネスと言われる白か黄色の胴輪をつけています。盲導犬、聴導犬、介助犬をまとめて身体障害者補助犬といいます。

f:id:mejirorock:20220125020154j:plain

これが補助犬マークです。公共施設や交通機関はもちろん、デパートやスーパー、ホテル、レストランなどの民間施設は、身体障害のある人が身体障害者補助犬を同伴するのを受け入れる義務があります。

f:id:mejirorock:20220125023032j:plain

点字ブロックは目が不自由な人が白杖をついて分かるようになっています。このブロックは実は1960年代に岡山県の発明家が考案したもの。日本発祥のものが世界各国で使われるようになったのです。

f:id:mejirorock:20220125014741j:plain
線状のブロックは進む方向を、点状のブロックは停止の場所を示します。

ノンステップバスです。逆に今の子は、バスに乗るときに階段があったことを知らないかも。

f:id:mejirorock:20220125020411j:plain

ユニバーサルデザインは、誰にとっても利用しやすくなることを考えてデザインされた物です。一番有名なのはシャンプーのギザギザですね。ギザギザがあるのがシャンプーで、ギザギザがないのがコンディショナーです。

ギザギザデザインは1991年に花王が始めました。花王はユーザーの利便性を考えて、同業他社にも同様のデザインを呼びかけ、ついに業界標準のものとなりました。デザイン発案の権利も放棄しているんだから、花王もなかなかいいとこありますね。

 

これはお酒の点字です。目が不自由な人には助かります。

f:id:mejirorock:20220125020947j:plain

牛乳の切り欠きです。100%生乳のみに付けられます。開け口の反対側が欠けています。これも目が不自由な人には助かりますね。

f:id:mejirorock:20220125021944j:plain

コーヒー牛乳やいちご牛乳、低脂肪乳などは欠けていません。

f:id:mejirorock:20220125021955j:plain

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる