MENU

小4下巻9回「山と川がうみだす地形」

f:id:mejirorock:20210904223312p:plain

f:id:mejirorock:20210313015824p:plain 小4下巻9回

プリントDLした方はクリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ

  

今回は「山と川の生みだす地形」です。いっぱい山と川の地名を覚えなきゃいけない!と、うんざりしがちですが、よく見てみれば今まで学習したものが大半です。

基本はセットで覚えていくことです。(3つで覚えられるものも多い)

 

覚えるべき山地・山脈・山

奥羽山脈・・・「東北の背骨」で全長500㎞もある。

越後山脈・・・越後平野に大雪が降る理由は、越後山脈が季節風をさえぎるからでしたね。

✳︎浅間山・・・位置としては、越後山脈の南にある火山。江戸時代に「浅間焼け」と言われる大噴火を起こしました。

日本アルプス・・3000メートル級の山々が連なり「日本の屋根」とも呼ばれる。

暗記法(南から)赤木くんが飛んだ!で覚えましょう。

むかしのバスケ・マンガで「スラムダンク」というのがありましたよね。そこに「赤木くん」というゴリラ・ダンクで飛ぶキャラがいました。

(南から)赤木くんが飛んだ!

赤⇨赤石山脈(南アルプス)

木⇨木曽山脈(中央アルプス)

飛んだ⇨飛騨山脈(北アルプス)

・・と覚えましょう。

 

紀伊山地・・木材の山地で、だから紀(木)の国と言われます。紀伊山地のそばの三重県尾鷲市(おわせ)は日本最多雨地帯の一つでした。

 

中国山地と四国山地・・季節風の影響で日本海・太平洋側に雨を多く降らし、瀬戸内海側に雨が降りにくくする気候を作り出します。

 

✳︎阿蘇山・・日本でも最大級のカルデラが形成

これが阿蘇の外輪山です!

 

✳︎桜島・・鹿児島市といえば桜島の火山。大正時代の噴火で、半島とくっついてしまった。

 

覚えるべき川と平野

特に川は平野と「カップル」で覚えていきましょう。平野は河口に形成されます。

三大急流

最上川庄内平野

富士川甲府盆地〜富士市

球磨川(→八代平野)

 

②暴れ川三兄弟

利根川(坂東太郎)→関東平野

筑後川(筑紫次郎)→筑紫平野

吉野川(四国三郎)→四国山地〜徳島平野

 

③長い川

暗記法「しっといて!」で覚えます。

1位 信濃川越後平野

2位 利根川関東平野

3位 石狩川石狩平野

(4位 天塩川(てしお川)→天塩平野)

 

木曽三川濃尾平野

「濃尾平野」関連の地名をまとめて覚えていきます。

 

「いびきかきながら、競うのび太は威勢(いせい)がいい」と暗記します。

 

↑いびきをかいて爆睡しながら、夢の中では「デキスギくんと競って勝つ!」といせいのいいことを考えるのび太くんを想像しよう。

A⇨いびき=揖斐(いび)川

B⇨ながら=長良(ながら)川

C⇨きそう=木曽川

D⇨のび太=濃尾平野

E⇨いせい=伊勢湾

 

揖斐(いび)川、長良(ながら)川、木曽川をまとめて木曽三川(きそさんせん)と言います。