MENU

小5上巻19回「地形図と統計資料の読み方」

 

f:id:mejirorock:20210624000256p:plain

f:id:mejirorock:20210313015824p:plain 小5上巻19回

プリントDLした方はクリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ

  

久しぶりの地形図の学習です。上位校になればなるほど出題頻度は高いので、まずは基本を再確認しておきましょう。

地図記号の確認

地図記号はその由来がシリーズに説明されてるので、それを参考にすると覚えやすいです。

例えば「赤十字」から「病院」の記号ができた、とか。

むかしの火消しの「さすまた」から「消防署」ができたとかです。

 

あと一つ法則を覚えているでしょうか?

それは「◯が多い方が強い。上のもの」というものです。

 

①これが「町村役場」なんですが、

 

◯が1つ増えると

これで「市役所(東京23区では区役所)」となります。

 

②同様にこれは「交番」なんですが、(警棒をイメージしている)

◯が1つ増えると

これで「警察署」となります。

 

③またこれは「小・中学校」なんですが、

◯が1つ増えると

これで「高等学校」となります。

等高線の読み取り方について

CとDの比較をしてみましょう。等高線とかたむきの関係をつかんでいきます。

CとDの登山コースのどっちが安全だと思いますか?

う〜ん、Cかな。Cの方が山頂まで近いし、安全な気がする

正解はDだよ。習ったじゃん。等高線の間隔が広ければ広いほどゆるやかで、せまければせまいほど急だったよね。

 

Dは10メートルから20メートルまでの高さがゆるやかに高くなっていくのよ。

それに比べてCは10メートルから20メートルまでの高さが急で、登るのがつらいのよ。

落ちる危険も高くなる。

そうか。Dはハイキングで、Cはロッククライミングみたいな感じなんだね

その通り!

 

等高線問題で覚えるべきこと

①等高線の間隔が狭い⇨傾きが急⇨登るのは大変!

 等高線の間隔が広い⇨傾きがゆるやか(なだらか)⇨登るのは楽!

②等高線1本の間隔が10mごと=縮尺25000分の1の地図

 等高線1本の間隔が20mごと=縮尺50000分の1の地図

 

 また「谷」と「尾根」についても覚えておきましょう。

Aは山頂から見て凹型にへこんでいますね。これは周囲より低い土地だということを表してます⇨「谷」

Bは山頂から見て凸型に張り出していますね。これは周囲より高い土地だということを表してます⇨「尾根」

 

↑手の甲(▲)を山の頂上としたら、外に張り出している指の部分が「尾根」で登山道などになる。逆に指と指の間が「谷」になる。混乱したら、この「手」のイメージで思い出してみよう。

 

縮尺の計算について

「四谷くんの家から大塚さんの家まで、地図上の長さは4㎝でした。地図の縮尺は25000分の1です。さて実際の距離は何mでしょうか?」

 まずはかけ算を使いましょう。ちゃんと式も書いてみましょう。

 

4㎝×25000=100000㎝

 

ここまでは簡単です。だって25000分の1に縮められてるんだから、25000倍にしてあげれば、元の長さにもどるもんね!

 

ただし、問題をよく見直そう!「何mでしょうか?」と聞いてますよ。つまりメートルに直さないといけない。

 

単位の直し方は

100㎝=1mだから

 

100000㎝の100の単位のところに線を入れてみよう。

 

1000/00㎝

 

すると1000mが答だとわかりますね!

 

もし「実際の距離は何kmでしょうか?」

と聞かれた時は

 

単位の直し方は

1000m=1kmだから

1kmが答だとわかりますね!

統計資料の読み取り方

中学入試社会科のポイントになる単元です。とりあえず5年生の段階では、

 

各都道府県の特色を押さえておくこと。

・さかんな農作物・魚介類

(例)くだものの数値が高い⇨青森、山梨

   稲作がさかん⇨東北・北陸

   魚介類がゼロ⇨内陸県(これは意外に使える知識)

 

面積、人口など。最大、最小のベスト5ぐらいまで押さえておこう。たとえば

面積大きい都道府県のベスト5⇨「ほい、船荷!」

ほ⇨北海道

い⇨岩手

ふ⇨福島

な⇨長野

に⇨新潟

 

政令指定都市も押さえること。

なかなか覚えられなかったら、地方ごとに分けて覚えてみよう。分割して覚えやすくするのもテクニックです。

 

北海道①⇨( )

東北①⇨( )

関東⑤⇨( )( )( )( )( )

✴︎ヒント 東京23区は市じゃないから入れちゃダメ!関東の政令都市は南関東にしかない。

中部④⇨( )( )( )( )

近畿④⇨( )( )( )( )

中国②⇨( )( )

四国⇨なし

九州③⇨( )( )( )

 

【解答】

北海道①⇨(札幌)

東北①⇨(仙台)

関東⑤⇨(横浜)(川崎)(相模原)(さいたま)(千葉)

中部④⇨(名古屋)(浜松)(静岡)(新潟)

近畿④⇨(大阪)(堺)(神戸)(京都)

中国②⇨(広島)(岡山)

四国⇨なし

九州③⇨(福岡)(北九州)(熊本)

 

これを口頭で言えるかどうかを2〜3回繰り返せば、覚えられるはずです。

政令都市を複数持つ府県は特に注意です。(神奈川、静岡、大阪、福岡)