MENU

小4下巻4回「ふるさとじまん(4)」

f:id:mejirorock:20210904184153p:plain

f:id:mejirorock:20210313015824p:plain 小4下巻4回

プリントDLした方はクリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ

  

今回は近畿地方です。

近畿地方各府県の特色

京都府は昔は日本の都がありました。「千年の都」と呼ばれ、空襲も受けてないことから、多くの寺社が現存しています。世界遺産や国宝の一大観光地となっています。

 

金閣

銀閣

宇治の平等院

京都と言っても日本海側ですが、天橋立は日本三景です。

 

 

大阪府は「天下の台所」と言われ、昔から商業がさかんでした。

江戸時代にはたくさんの米蔵が、この川沿いに並んでいました。

昔から商人の町。今も民衆の町。通天閣です。

 

 

兵庫県の県庁所在地の神戸市はちょっとハイカラな町。

元・外国人居留地。早くから開港したため、外国人の住む洋館も多く残されています。

ポートタワーから見た神戸港と工業地帯です。船造りがさかんです。

そして神戸牛!

四国への扉となる明石海峡大橋は、世界最長のつり橋です。

下から見てもこの迫力。

上から見たらまたすごい。鉄塔に登れるツアーがあります。(ただし参加条件は中学生以上)

これだけの巨大な橋を作り、建設途上で阪神淡路大震災もあったにもかかわらず、工事による死傷者はゼロですよ。日本の技術力を示すものです。

 

兵庫県には世界遺産もあります。白鷺(しらさぎ)城こと姫路城です。

f:id:mejirorock:20210904183229j:plain

下は平成の大修理直後の、漆喰が真っ白だった時の姫路城。

f:id:mejirorock:20210904183232j:plain

今はまた黒ずんできますけどね。この時は「白すぎ城」と言われていたそうです。

 

奈良県は東大寺の大仏が有名ですね。京都の前は奈良が都でした。

この柱の穴は、大仏の鼻の穴と同じ大きさです。小さいので、身体が大きくなる前に潜っちゃおう。

 

法隆寺は現存する最古の木造建築です。法隆寺単独で世界遺産になっています。

 

 

 

 

和歌山県には1000年前から上皇様たちが詣でた聖地があります。これらの古道や寺社は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産になっています。これは那智の滝。

これが大門坂といって、参詣道の一部です。

 

三重県・伊勢神宮です。なかなか関東からだと行くのが大変ですが、日本人にとってはカトリックのヴァチカンみたいな存在ですよね。まさに聖地巡礼。

 

滋賀県の琵琶湖です。

滋賀県の彦根には、彦根城という世界遺産レベルのお城があります。ひこにゃんなんて今の子は知ってますかね?