MENU

小5下巻9回「江戸時代(1)」

f:id:mejirorock:20210907123458j:plain

f:id:mejirorock:20210313015824p:plain 小5下巻9回

プリントDLした方はクリックで応援お願いします!にほんブログ村 受験ブログへ

  

今回は江戸時代初期です。長い長い(260年間)江戸時代を押さえるには、まず「政権担当者」で流れをつかんでいくのがよいですね。

 

江戸は政権担当者を漢字1字でキャラづけしよう

清水寺で年末に、その年を象徴する漢字1字を発表してますよね。「絆」とか。あれを真似して、江戸時代を人物ごとに整理していきます。

江戸の政治史は政権担当者の流れで見ていきます。人物ごとに漢字1字でキャラづけして、整理していきましょう。

 

初代将軍・徳川家康「狸」かなw 

歴史ドラマや漫画では、家康というと大抵、本多正信(佐渡守)と密談して、陰謀を張り巡らせる腹黒狸というイメージが強いです。「大阪の陣」で和睦しながらも、大阪城の掘を全部埋める策謀をしたのが良くなったんでしょうね。武将ファンの小学生はいっぱいいますけど、「家康が好き」って子はあまり見たことないですね。今なら伊達や真田が人気ですよね。

でも考えてみれば戦国の世を終わらせ、その後に260年もの太平の世を開いたんだから、本来なら「国父」として、銅像が立ちまくっていてもおかしくないぐらいの存在のはず。現在の徳川宗家の当主(18代目)・徳川恒孝(つねなり)先生も著書で嘆いてらっしゃいました。

 

三河の小大名に過ぎなかった家康が天下を取れたのは、長命であったことが大きいと思います。「鳴かぬなら鳴くまで待とう、ホトトギス」って本当に言い得て妙です。武田信玄、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、みんな早く死んでくれた。このうち一人でも長生きしていたら、徳川の天下はなかったでしょうね。特に武田信玄なんて、「三方ヶ原の戦い」で実際に戦って、徳川はわずか2時間ぐらいで完全に粉砕されて、敗走してますから。

 

2代将軍・徳川秀忠「法」ですね。

秀忠と言うと、上田城の真田昌幸(安房守)に足止めを喰って、「関ヶ原の戦い」に徳川本隊を遅参させた、致命的に間抜けなイメージが強いですね。ですが、家康が死んでからは徳川幕府の体制を固めました。「法」とは「武家諸法度」のこと。これで大名を統制するシステムが構築されます。

なお朝廷にも強権的に接し、「禁中並公家諸法度」を呑ませています。朝廷は日頃は敬わなければならない存在である一方、西国大名に担がれてこっちが「朝敵」とされる危険性もあったから。いわば幕府にとっては「潜在敵」だったわけです。

 

3代将軍・徳川家光「鎖」ですね。

やっぱり家光の時代に、鎖国の体制が固まった。1637年の「島原・天草一揆」でキリシタンによる宗教戦争の怖さを知って、1639年ポルトガル船の来航を禁止します。以後はキリスト教国との交易はオランダのみになります。(オランダは布教を捨てて、出島に押し込められる屈辱に耐えても、対日交易独占の旨味を選んだ)

 

 

5代将軍・徳川綱吉「犬」しかないw

極端な動物愛護令の「生類憐みの令」を命じたことで知られます。この時代以降、幕府は慢性的な財政難に陥ります。そのきっかけも綱吉時代にあって、綱吉の母・桂昌院が信心深く、戦国時代に荒らされた全国の社寺の大規模復興を行った影響が大きい。その額、なんと国家予算の3分の1にも当たる巨額投資でした。結果、苦肉の策で小判に含まれる金属の量を減らす貨幣改鋳を行います。このように綱吉時代は、悪い文脈で語られることがほとんど。

ただもともと「生類憐みの令」は、江戸に蔓延していた野犬対策として始まったらしいですし、貨幣の質を下げたことも「信用経済の先取り」とも言えるとか、擁護する説が近年は出てきています。また桂昌院の社寺復興も、確かにやり過ぎだったかもしれませんが、そのおかげで現代の私たちは「東大寺大仏殿」「法隆寺」「唐招提寺」などの蘇った姿を見ることができている。

なお綱吉の時代は、元禄というバブル時代で、上方中心の町人文化(元禄文化)が繁栄します。

 

6、7代将軍に仕えた儒学者・新井白石「正」ですかね。

この人自体に権力はないんです。甲府からやってきた6、7代将軍のブレーンとして「正徳の治」と言われる改革を行った儒学者です。正徳だから「正」。または混乱を招いた5代将軍の政策を正した、という意味もあります。つまり5代将軍綱吉の政策を裏返すと、正徳の治になります。「生類憐みの令」の撤廃(綱吉は遺言で永遠に続けるよう言い残したが、死去後は一瞬で廃された)や、貨幣の質を戻すことなどをしました。

 

江戸時代の外交➡︎「夏への扉」で覚えよう

江戸時代初期に「鎖国」という言葉も考え方もありませんでした。近年は「鎖国」という語を、教科書で使用しないようにしようかという動きもあります。

「鎖国」というと「海外との付き合いを一切止めてしまう」ように思えますが、実際には活発な交流が行われていたのです。十分に海外への扉は開かれていました。これを「夏への扉」と覚えます。「なつ」を英語でいうと?「サマー」ですよね?

➡︎長崎➡︎オランダ(出島)、清(唐人屋敷)

➡︎対馬➡︎朝鮮(朝鮮通信使、唯一の国交あり)

➡︎薩摩➡︎琉球王国

➡︎松前➡︎アイヌ(シャクシャインの乱)

 

今回の歴史年代暗記法

①徳川家康が、関ヶ原の戦いで勝利したのは何年か。→1600(ヒーロー、おー、おー関ヶ原)

 

②武家諸法度が初めて定められたのは何年か。→1615(ヒーロー以後出ぬ武家諸法度)

 

③参勤交代が、武家諸法度に付け加えられたのは何年か。→1635(一路参交!参勤交代)

 

④島原天草一揆が起こったのは何年か。→1637(ヒーローみんなの天草四郎)

 

⑤ポルトガル船の来航が禁止され、鎖国が完成したのは何年か。→1639(広い柵(さく)して鎖国完成)